クラビ&バンコク旅行

2013年8月10日 (土)

雨季のバンコク⑧(ウィークエンドマーケット)

今日は1日ショッピングDay。まずはサラームギラヘンチャート駅にあるMBKセンターへ。ここ、東急も入っているいわゆるショッピングモール。

ランチはこのショッピングモーツ内のラーメン屋で味噌ラーメン&餃子で一人100バーツ(約300円)。麺がゆですぎだったけれど、まあまあの美味しさ。

いったん買い物をした荷物をホテルに置きに戻り、次はアジア最大級とも言われるウィークエンドマーッケットへと足を運ぶ。このマーケットはモーチット駅すぐ近く。人気のマーケットのようで暑い日中からすごい人出(@_@)。

160
このマーケットでは様々な物が売られている。食べ物はもちろん、洋服に雑貨に絵画など。で、屋台風の店ばかりかと思っていたら、ブティック風にきれいなお店なんかもあるし、クーラーがあるお店はちゃんとクーラーが効いていた。
このマーケットは日中行く方がいいのかな?夕刻には既にシャッターを閉めているお店なんかもあったからね。

166165


167


168








169

161ウィークエンドマーケットを散策後は、ヴィクトリアモニュメント駅に戻る。

バンコクの電車って全面広告なので、一瞬貨物列車かと見間違える感じなんだよね。そして混雑する駅ではいつも改札が長蛇の列。最近の日本では改札の長蛇の列なんて見かけないけれど、日本も昔はこんなだったな~なんて、ちょっと懐かしい光景だったかも(^^;)。

ヴィクトリアモニュメント駅のショッピングモールに入っているお店で今回の旅行最後のフットマッサージをした後、今日の夕飯はホテル近くのタイ料理のお店でテイクアウトしたものをホテルに持ち帰り。明日帰国なので手持ちのバーツが残り少ない事に気づいて安上がりに済ませる事にしたのだ(^^;)。
チャーハンに麺類に野菜2種で二人で200バーツ(約600円)。それでも頼みすぎな感じでお腹いっぱい。マッサージの前に屋台で焼き鳥2本&ビールも飲み食いしていたからね(^^;)。

200201
今回のタイでのお買い物はこんな感じ。いつものごとく、大した物は何も買ってない(^^;)。シンハービール、日本の半額で買えるのでもっと買ってきたかったんだけれど、重いので3本だけ。タイってアルコール買える時間がきめられているみたいで、昼間にスーパーで買おうと思ったらレジで没収されちゃった。夕方は17時以降にならないと買えないみたいね。

205_2
翌日、14時20分発のTG660便で帰国。羽田到着は22時30分。
今回の旅行、雨季にしてはお天気に恵まれていて良かった♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 9日 (金)

雨季のバンコク⑦(アムパワー水上マーケット)

114今日は、バンコク市内にショッピングに出かける予定だったんだけれど、朝食時、ipadでショッピング情報の検索をかけていた時に偶然発見した水上マーケット情報。

そういえば私、タイの水上マーケットって一回行ってみたかったんだった!と、突如予定を変更して今日はアムパワー水上マーケットに行くことに。
というのも、アムパワー水上マーケットに行く乗合バン乗り場がホテルから徒歩圏内にあったのだヽ(^o^)丿。ヴィクトリアモニュメント駅の高架下周辺から、アユタヤやその他バンコク近郊へ行く乗合バンが多数出ているんだよね。この乗合バンに乗って行けば、高い現地ツアーを利用しなくてもバンコク近郊にかなり安上がりで行けるというわけ。

ただし乗合バンはお客さんがある程度集まってからじゃないと出発しないので、時間のロスが多いのが難点。あとチケット売り場とかわかりにくいんだよね。その辺の人に聞いても発音が違うのか行先をなかなか理解してくれないからね。

ヴィクトリアモニュメント駅の高架下の乗合バンチケット売り場はこんな感じ。約80kmの走行距離で運賃片道一人80バーツ(240円)。安い!
でもチケット購入後、乗合バンが出発したのは1時間後(^^;)。

110
112113









アムパワーまで1時間半で到着するはずが、渋滞で2時間はかかった。
アムパワーの降車場はここ。帰りはここでまたチケットを買って乗車。

121

水上マーケットはここから徒歩5分位の距離。思っていたよりこじんまりしている。アムパワー水上マーケットはどちらかといえば地元民御用達らしい。

122
マーケットで焼いているエビとかイカとかホタテとかおいしそ~。みんな食べているけれど・・・でもこの川で取れたと思うと・・・食べれなかった(^^;)。

123
この水上マーケットにはちゃんとトイレもあるので安心。
↓トイレ

124125







せっかく2時間以上かけて来たので、ボートツアーに参加する事に。一人50バーツ(250円)。これボートに乗って川沿いの5ヵ所の寺院を2時間かけて巡るツアー。安い!でも私達的には寺院なんて一か所行けば十分なんだけど(^^;)、そういったボートツアーは無いのであった。

126129128



127






130


133





お客さんの中にはタイ人らしき人たちも5~6人いたんだけれど、その人達の目的は純然たる寺院訪問のようで、若い子もちゃんと花を添えてお参りしていた。タイ人は日本人と違ってやっぱり信心深い人が多いのね。

アムパワーの川沿いに建つ高床式住居は、思ったより全然清潔な感じ。もっと小汚い雑然とした景色をイメージしていたけれど、それなりに所得のある人達が住んでいる地区なんだろうなって思った。

134結局2時間の予定がそれ以上費やしてツアーは終了。寺院にはほとんど興味がない私としては早く終わってくれ~って感じだったんだけれど(^^;)、寺院での滞在時間はアバウトなんだよね。っていうか船頭の子供は(左写真)、タイ語しか話せないからいったい何時集合なのかさっぱりわからなかった。目安として1個の寺院につき20分程度って感じだったけどね。

もっと早くバンコク市内に戻る予定だったのに、結局アムパワー16時発の乗合バンでヴィクトリアモニュメントへ帰る事に。満席になると次の便になっちゃうんで、人が結構待っている場合、乗り込む時には早めに乗り込むに限る。待っていた順番なんて関係ない感じだし、座席の良し悪しは当たりはずれがあるからね。帰りの席はハズレの席で疲れた~。

大渋滞にはまったからね(-"-)。

バンコク市内に近づくと、もう車が全然動かない(><)。通常なら1時間半で到着するのに、結局倍の3時間かかった(-"-)。こんなに渋滞するなんて二度とバンコクでは車に乗るもんか!って思った。

150ヴィクトリアモニュメントに到着後、その足で電車に乗って、パヤタイ駅の近代的なショッピングセンターへ。
夕飯はショッピングセンター内のcocaレストランでタイスキ。やっと口内炎も治りはじめたのでおいしく食べれて良かった♪タイスキは好物♪二人で1220バーツ(約3700円)。
夕食後はパタイヤ駅前の屋台を一通りのぞいてホテルに舞い戻る。

151152

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 8日 (木)

雨季のバンコク⑥(ヴィクトリアモニュメント駅)

クラビ10時10分発のTG242便でバンコクに向かう。アオナンからクラビまでのタクシー代の定価は600バーツ(約1800円)なんだけれど、前日にホテル近くのツーリストインフォメーションで、ホテルから空港までのタクシー送迎を頼んだら500バーツだった。ツーリストインフォメーションで頼んだ方がお得なんて予想していなかったな♪

100クラビからバンコクまでの飛行時間は1時間20分、雨季でも一日4便は飛んでいるから、この航路、結構需要があるのね。この間、軽い機内食も出るのだ。

上から眺めてると九十九里浜のような海岸線がずーっと続いていた。


701バンコクでのお泊りはロイヤルビューリゾート。このホテル、エアポートリンクの特急(90バーツ、約270)で空港の次に止まる駅サイアムでBTSに乗り換えて1個目、庶民の街&学生街のようなBTSのヴィクトリアモニュメント駅から徒歩8分の距離に建っている。ここに3泊。1泊朝食付きで一人あたり約2800円。結構宿泊客はいたように思うんだけれど、何故かデラックスルームにグレードアップしてくれて、ベッドルームとリビングのある広い部屋に泊まれてラッキー♪

101102



103


104






ホテルに行く道はこんな感じ。道が狭い上、ちょっとガタガタ道だし人通りも多いので、スーツケースを引くのが一苦労。

106

108今日はこのヴィクトリアモニュメント駅周辺をブラブラと散策。この駅周辺は観光客がわざわざ立ち寄るような場所ではないと思うんだけれど、結構栄えているのよね。ショッピングモールあり、屋台あり。若い子が多くて活気があるんだけれど、ごちゃごちゃした雑踏なんで疲れる(^^;)。特に買いたいようなものも売ってないし(^^;)。

120ホテルのすぐ近くに免税店があったのでこちらも寄ってみたんだけれど、中国人客が半端なくいてびびった(@_@)。中国人団体客を乗せた大型バスが次から次へとやってきて、その購買意欲たるや半端ない(@_@)。
バブル時代の日本人も海外でこんな行動していたのか⁈と思うと、なんだか恥ずかしく思ったなぁ(T_T)/~~~。
そりゃあれだけ買うんだからお店にとってはお得意様様だろうけれど、傍から見ていると何でもかんでも買いあさるって感じで品がなさすぎ。店員も白い目で見てるって感じだし。

散策後は足が疲れたので駅からホテルに行く途中にあったマッサージ店でフットマッサージ。近くに住んでいそうな若い女の子とかも一人で来ていたし、常連さんもいたようなので、結構地元では人気店なのかな?私的には一度体験すれば十分って感じのマッサージ店だった(^^;)。値段はクラビと同じ200バーツ(約600円)。しかしクラビで1200段以上の階段昇降後筋肉痛の身には、ふくらはぎをマッサージされるとかなり痛いのであった。

この街、駅名にもなっているヴィクトリアモニュメントっていう戦勝記念塔が駅前にあるので、政治家が?街頭演説とかする場所でもあるっぽい。

107

お昼は軽く屋台で焼き鳥。この焼き鳥がめちゃくちゃおいしいんだな。1本10バーツ(約30円)。日本の焼き鳥はそこまで好物ではないけれど、タイの焼き鳥は私の大好物。口内炎が痛いし、私は夜はこの焼き鳥とビールでも十分なんだけれど(^^;)
105

夕飯はホテル近くのタイ料理屋で。西洋風にトマト味の麺とかね、結構おいしかった。一人あたり600円位だったかな~。

109

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 7日 (水)

雨季のクラビ⑤(プラナンエリア)

今日はロングテールボートに乗ってプラナンエリアへ。朝食後1時間ばかりザッーっとスコールが降っていたけれど、その後の今日の天気はまずまずの曇天。

59ホテル近くにロングテールボートのチケット売り場があるのだ。ボートは8時~18時の間運行していて、お客さんが集まると出発する感じ。

プラナンエリアのWest Railay beachまでの往復運賃は200バーツ(約600円)。一昨日4島巡りツアーで行った島に行くロングテールボートのチケットは全部ここで買えるみたいね。ボートは一昨日と同じアオナンビーチから出るのかと思ったら、今日は多少波があるせいか、トラックの荷台に乗せられて約4~5分走った距離にある桟橋から出航だった。

そこからボートで20分程度でプラナンエリアのライレイビーチの西海岸に到着。

61

60船でしか行けない陸の孤島プラナンエリアには、リゾートホテルが何軒かあるんだけれど、プラナンエリアのホテルに泊まろうと思う場合はちょと考えた方がいいかも。

クラビのホテルを選ぶ時に、アオナンビーチ2泊&プラナンエリア2泊するのもいいかもねって思ったんだけれど、スーツケースを持ってボートに乗る必要があるという情報を得た段階でその案は却下したんだよね。実際、
却下してよかったと思った(^^;)。

66だってね、こんな感じで海岸を自分で荷物運ばなくちゃいけないんだよ⇒

こういう場所に限ってポーターがいないという(^^;)。ホテルのボート送迎付きの場合はポーター付きかもかもしれないけれど、私が見た限りではみんな自分で荷物を運んでいた。これでさらに雨の日とか波が高い日とかどうするんだ?って感じ。ガタイのいい人はいいけどね、荷物を自分で運ぶ自信のない人は、プラナンエリアは日帰りがいいんじゃないだろうか。

64
65

ライレイビーチの西海岸は砂浜がず~っと続いている感じ。
62_2

シュノーケリング向きの海岸ではないので東海岸の方に行ってみる事に。う~ん、こっちはさらに泳ぐには不向きなマングローブの海って感じ。

74

という事で泳ぎたいような海が無いので、一番まともそうな一昨日に行ったプラナンケーブビーチに再び行くことに。プラナンエリアは全部歩いて回れる広さ。ここでしばしシュノーケリングタイム。でも透明度が悪くて全然魚なんて見えなかった。ケープの下は岩場だから魚はいると思うんだけどね。

75

71海はいまいちだったけれど、今日はここで大勢の人がロッククライミングをやっていて、それを眺めているのが楽しかった!(^^)!。

バランス感覚皆無の私には絶対できそうにないけれど、一度はやってみたいロッククライミング。クラビでは初心者からできるんで本当ならチャレンジしたかったんだけれど・・・でも、やっぱりどう考えても無理だな(^^;)。

この場所で多分初級レベル。クラビはこうした岩山がたくさんあるので、ロッククライミング目的で来る人も多いみたいね。ロッククライミングやっている人って、男性も女性もなんかかっこいいよね(笑)。

70_2
77
76

79プラナンケーブビーチで1時間ぐらいのんびりした後、鍾乳洞にお立ち寄り。入場料は30バーツだったかな(約150円)。

クラビはいろいろ場所にケープもあるんだよね。こじんまりした鍾乳洞で15分もあればゆっくり一周できる感じ。奥にも洞窟が続いていそうなんだけどね。

78

80_214時過ぎの船でアオナンビーチに帰港。
行きはトラックで桟橋まで送迎してくれたのに、帰りは自力で帰らなくちゃいけないみたいで、相乗りのバイクタクシーで一人あた20バーツ(約60円)。別に歩いてもたかがしれている距離なんだけれどね(^^;)。

今日の夕飯はアオナンビーチでバーベキューバイキングの夕食で350バーツ(約1050円)。口内炎が痛すぎるぅ~(><)・・・ので、辛い物は避け、お口に優しい料理を選択。

8182

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 6日 (火)

雨季のクラビ④(ジャングルツアー)

今日はジャングルツアーへ。昨日と同じツーリストインフォメーションで申し込んで、料金は一人750バーツ(約2300円)。多国籍のミニバンに乗車してジャングル・・・というか森?方面へ。午前中のお天気は晴れたり曇ったりスコールが来たり天気雨だったりと、雨季っぽい空模様。

39まずはアオナンから約1時間の距離、森の中にある天然温泉、ホットスプリングウォーターフォールへ。

クラビに何で温泉が湧きでるんだろ?って感じなんだけれど、トルコのパムッカレのような石灰棚風岩のくぼみに温泉が流れ込んで、ちょうどいい湯船になっているのだ。お湯の温度もちょうど適温。

40
42
43
でもね、ここ、そんなに広くないんだな。数人入ったらもういっぱいって感じで、濡れると後が面倒なので、ここでは足浴のみにとどめる(私も年取ったなぁー)。

次に向かったのはエメラルドプール。入場ゲートから森の中を10分位歩くと、温泉が流れ込んだ大きな池が出現。それがエメラルドプール。ここではちょこっと泳いだけれど、あんまり綺麗じゃなくていまいち(^^;)。

44
エメラルドプールの先に、泳げないけれどとってもきれいなブループールがあるという情報だったので探しに行ってみたのだけれど、エメラルドプールの先では何やら道を掘り起こしての工事中で、道が無くなっていて行きつけなかった(T_T)。工事のおじさん達に尋ねても全然言葉が通じないし(T_T)。白神山地の青池みたいなのかな?と、見るの楽しみにしていたのに残念。

でも、エメラルドプールの周辺には結構清流が流れているのだ。清流の透明度は上高地並でキレイ。

45
46

47そしてここで昼食。クラビの現地ツアーの昼食はやっぱりなんかしょぼい気がする(^^;)。しかし白人の若い女子は食欲旺盛だなぁ~。男並みにかなり食べていたぞ(@_@)。

次に寄ったのはエレファントトレッキングの出発点。私達はエレファントトレッキングには申し込んでいなかったので、エレファントトレッキングをする人達を降ろしてライチのデザートをいただいた後、最後の目的地タイガーケーブ寺院へと向かう。エレファントトレッキング付の人達はタイガーケーブ寺院の滞在時間が1時間、エレファントトレッキング無しの場合は2時間という事らしい。

53_2しかし昼食後から本格的に降り出した雨(T_T)/~~~。この雨の中お寺で2時間、どうやって時間つぶす??って感じ(-.-)。

仕方がなく時間つぶしを兼ねて、タイガーケーブ寺院の頂上を目指し1237段の階段を上がることにしたはいいけれど、借りたカッパは蒸れるし、階段は急だしで疲れた~。久々運動したぞって感じ。

4849

5152




















54_255








頂上には仏像が数体。
頂上から霧の合間に見える下界はなかなか風情がある。登った甲斐があるというもの?こんなに苦労して上ったんだから、何か御利益あるといいんだけれど(^^;)。

50
でも明日は絶対筋肉痛間違いなし!!

ホテルに戻った後、今日もアオナンビーチ沿いのお店で夕食。口の中に口内炎が2つもできていてせっかくの料理がおいしくたべられないよ(><)。1つは日本にいる時からできていた口内炎、1つはクラビに来てからできた口内炎(T_T)。
今日の食事は2人で800バーツ(約2400円)。
でも雨が降るとアオナンビーチのメインストリートの人出も半減するのね。

5657







そして夕食後はフットマッサージ。今日は階段で足がめっちゃ疲れたので、フットマッサージが気持ちいい。でも男の人にやってもらったら翌日両ふくらはぎに青あざができていたんですけど(^^;)。
クラビのホテル以外でのマッサージの相場は1時間200バーツ(約600円)。1日目は場末のマッサージ店っていう雰囲気だったけれど、今日のマッサージ店はそこそこな感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 5日 (月)

雨季のクラビ③(4島巡りツアー)

今日は昨日アオナンビーチ沿いのツーリストインフォメーションで申し込んだジェットボートで行く4島巡りツアーに参加。割引価格で一人750バーツ(約2300円)。
ジェットボートはこのお店のすぐ前のアオナンビーチから出航(波が高い場合は別の場所から出るらしい)。
申し込みをしたツーリストインフォメーションはアオナンのスーパー前↓

38_2

昨日申し込む時点でピピ島に行くかすごく悩んだんだよね~。シュノーケリングをするならこの近辺の海ではピピ島が一番きれいなので、前から一度は行ってみたいと思っているたんだけれど・・・でもクラビからジェットボートで1時間半かかるピピ島(プーケットから行くよりは多少近い)。
ピピ島には行きたい。行きたいよ。でも最大のネックは船酔い(><)。
雨季は波が高いからピピ島に渡る時はボートがすごく揺れるヨ!って、プーケットに行った時に散々脅かされたもんだから、酔いやすい私はどうしても躊躇しちゃうのだ(-_-)。船酔いしたら最後、気持ち悪さが1日続いちゃうんだもん。昨日のような天気なら波も穏やかで大丈夫そうなんだけれど、でも翌日の天気なんて翌日になってみないとわからないし・・・ウジウジ
って事で散々悩んだあげく、結局無難な近場の4島巡りにしたわけなんだけれど

22今日も晴天!波も穏やか!って事で、やっぱりピピ島に行きたくなり(^^;)、ダメもとで朝、行先の変更をお願いしてみる。

でも残念な事に、今日はピピ島ツアーに100人申し込んでいるので空きが無いとの事(T_T)。がぁ~ん。せっかく行く決心をしたのに(><)。

しかし100人\(◎o◎)/?

それってすごい人数じゃない?ピピ島ってやっぱり人気なのね。雨季でその人数集まるんだからね。それにアオナンからだけではなくプーケットタウンから出るピピ島ツアーもあるから、シュノーケリングポイントもビーチもかなり混んでるって感じなのかな?

確かにジェットボート乗り場にはホテルからお客さんをピックアップした車が次々とやってきて、100人という話は嘘ではないようだ。ピピ島ツアー参加者は船の揺れも日焼けも気にしない白人客が多く、一方4島巡りツアーはアジア系多し。

23

さて、4島巡りツアー。まず最初はプラナンへ上陸。プラナンは島ではなくアオナンとも陸続きなんだけれど、岩山が邪魔をして船でしか行けない場所なのだ。
ケーブが一番の特徴のこの場所、翌々日、ロングテールボートに乗って再度訪れたので、プラナンエリアの詳細はまた後ほど。
ボートツアーが到着するといっきに静かなビーチが混雑しちゃうのは仕方がないよね。

25
26

次はチキン島近辺の海域でボートシュノーケリング。
私はシュノーケリングするの大好きなんだけどね、でもここの海全然綺麗じゃなかったヨ(T_T)。一応魚はいるけれど海が濁っていてサンゴ礁も見当たらない。雨季だから?

28_2そしてボダ島に上陸。
ここの景観はなかなか美しい。潮が引いていたので、ちょっと久米島のはての浜みたいな感じだった。引き潮の時はお隣のタップ島に歩いて行けそう。
ここでもシュノーケリングをしてみたけれど、ただの砂浜なのでこれといってシュノーケリングの面白味はなかった(^^;)。
ボダ島でツアーについているランチタイム。品ぞろえがなんか寂しくて貧相な感じ(^^;)。


29
27_2

最後に上陸したのはタップ島。この島、日陰が限られ場所にしか無いんだよね(/_;)。アオナンビーチもだけれど、クラビはパラソルを設置していない場所が多いのだ。景観的にはその方がいいんでしょうけれど、それって日焼けが気になるお年頃には結構厳しい(^^;)。

31
あまり泳いでいる人はいなかったけれど、私はここでもシュノーケリング。
タップ島の海は今日泳いだ場所の中では一番綺麗だった。ここでウニや魚が結構いるポイントを発見できたので満足(*^_^*)。
今日の天気だったら絶対ピピ島に酔わずに行けたのに、せっかくの機会を逃して惜しいことをしたとちょっと残念に思っていた私としては(^^;)、やっとシュノーケリングポイントらしいポイントを見つけられたので良かった。

30

こちらはアオナンビーチの夕焼け。

33

34夕食はアオナンビーチ沿いのお店で、ピザ&タイ料理。
2人で900バーツ(約2700円)。
この辺りは観光客価格のレストランが多いので、別段お安くもなく日本価格って感じ。屋台で食べれば安いんでしょうけどね。でもこのお店の窯焼きピザは美味しかった(*^_^*)。

35

そして夜のデザートは屋台のバナナクレープ油揚げのような代物、30バーツ(約90円)。油っぽかったけれどこれも美味しかった(*^_^*)。

3637

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013年8月 4日 (日)

雨季のクラビ②(クラビタウンナイトマーケット)

11夕方、ホテル前から乗合ソンテウでクラビタウンのナイトマーケットへ。クラビタウンまではソンテウで20~30分の距離。料金はアオナン⇔クラビタウン間が50バーツ(150円位)。18時以降は夜料金の60バーツ。帰りのソンテウ乗り場は、行きの降車場の向かいのセブンイレブン前なので、迷うことなく帰れそう。

16クラビタウンのナイトマーケットは週末だけ開かれるマーケット。そのせいか夜になるとかなり賑わっている。別にこれといって買うものはないんだけれど、ここをプラプラと散策。

屋台の料理はおいしそうだな~。にぎり寿司の屋台なんかもあって、1個10バーツ(約30円)で売っているのだけれど、結構買っている人達がいて賑わっていた(^_^)。地元の人とかも買っていたから人気なのかな?他にもたこ焼き屋さんとかね、ナイトマーケットに限らず、フードコートやレストラン街にも必ず日本食のお店が数件あって人も入っていたので、日本食は今、タイではかなりブームなんだろうな。

1718







私達もせっかくなので本当は屋台で食べたかったんだけれど、来てそうそうお腹こわしてもなんなんで(^^;)、今日は一応ちゃんとした店構えのお店に入る事に。

1514







19食べている途中でザーっとスコール(@_@)。屋根のあるところで食べていて良かったーって感じ。スコールは10分位でやんだけれど、外で食べている人たちはどこに避難したんだろ??
屋台やっている人たちは慣れたもので、20スコールが来るちょっと前にスコール対策を整え、スコールがやむとまた何もなかったように通常営業。プロだな~って思った(笑)。

ナイトマーケットで似顔絵書きを発見。80バーツ(約250円)とお安かったんで、似顔絵、書いてもらちゃった♪これ、似てるのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨季のクラビ①(アオナンプリンスヴィルリゾート)

今日から7泊8日のクラビ&バンコク個人旅行に出発。
この時期、タイは雨季です、雨季。雨季のタイに行くのは実は3度目の私。だってね~、旅費が高い8月初旬、タイが一番安上がりにお得に海外旅行できるんだも~ん。背に腹は変えられない(^^;)。

土曜の13時まで仕事をして、日曜の深夜、羽田0時20分発のTG661便でバンコクへ。バンコクでTG241便に乗り継いで朝の9時20分にはクラビに到着。羽田発の深夜便ってホント時間を有意義に使える♪

日本人にメジャーなタイのリゾート地と言えばプーケット島。なのでわざわざクラビに足を運ぶ日本人はまだ少ない感じ。位置的にはプーケット島を頂点にしてピピ島とクラビを線で結ぶとちょうど二等辺三角形になるような関係で、日本からの距離もプーケット島と大して変わらないクラビ。自然景観はクラビの方が変化に富んでいておもしろいと私は思うんだけれど、プケーット島よりちょっと田舎のところが日本人好みではないのかな??

クラビの空港から宿泊先のアオナンプリンスヴィルリゾートまではシャトルバスで約40分の距離。150バーツ(450円弱)でホテル前まで行ってくれるんだからこのシャトルバスは結構便利でお得♪でもクラビはタクシーもソンテウも基本定価で走ってくれるので、面倒な値段交渉とかもいらないからそっちでもいいんだけどね。

12

今日のクラビは雨季とは思えない晴天(*^_^*)。日焼けの心配はあるけれど、晴天だとやっぱり気持ちいいね~。

ホテルはアーリーチェックインさせてくれたので、午後はまったりアオナンビーチ周辺を散策。今日のアオナンビーチは波もそんなに高くないので泳ごうと思えば泳げるんだけれど、泳ぎたい!って思うほどのきれいさではないので、海を眺めるのみ(^^;)。明日はアオナンビーチの先に見える島々に渡って泳ごっと。

9

10_3

5さて、本日から4泊するアオナンプリンスヴィルリゾートは、アオナンのメインストリートを挟んでアオナンビーチもすぐ目の前、船のチケット売り場すぐ近くで便利な場所に位置するホテルだ。でも残念ながらオーシャンビューではないんだよね。
でもってこのホテルのまたの名はカエルホテル。
って、これ勝手に私が命名しただけだけれど(^^;)、このホテルにはカエルがたくさんいるのだ('_')。夜になるとね、外はカエルの鳴き声の大合唱。それだけならいいんだけれど、なんと部屋にもカエルがいたぁぁぁぁぁぁぁぁ\(◎o◎)/!

人差し指サイズのカエルだったからまだよかったんだけどね・・・
部屋に出没したのが最終日の朝だったから耐えられたんだけどね(前日の夜中にトイレで発見はしていたけれど)・・・

7
部屋にカエルがいるなんてあり得ないでしょ。しかもよりにもよって部屋干ししていた私の水着の上に乗ってるなんてぇぇぇぇぇ(T_T)/~~~。水着取ろうと思ったらカエルが飛び跳ねてきてビビったよ('Д')。

6立地や部屋の広さや朝食には何ら不満はなかったこのホテル。でも木々に覆われた角部屋は薄暗くて湿気が半端なくて、部屋に通された瞬間から、クラビのホテル選びには失敗した~って思っていたのだ(元々クラビにこれといって心魅かれるほどのホテルは無かったんだけれど)。

3_24

でもまさかカエルまで住んでいるなんて思わなかったヨ(-.-)。やっぱり部屋が暗くてジメジメしていると思った最初の段階でお部屋変えてもらえばよかったな~。
直観って大事。

| | コメント (0) | トラックバック (0)