関西旅行

2012年9月 6日 (木)

ローカル線で行く関西の旅⑤USJ

本日の朝食。なんばオリエンタルホテルの朝食バイキング。

62

63そして今日はユニバーサルスタジオ・ジャパンへ。
しかし実感した事といえば、「自分はもうアミューズメントパークを楽しめる年じゃなーい」って事(笑)。
ユニバーサルスタジオには何度か行っているし、今更アトラクションに乗っても、ショーを見ても、「こんなもんだっけ?」って感じで、感動は皆無。お初のアトラクション体験してもそうだから、多分私の感受性は相当低下してるんだろう。やっぱり何でも楽しく感じられる若さって大切。

スペース・ファンタジー・ザ・ライドに乗ったら気持ち悪くなるし('_')
ユニバーサルスタジオ・ジャパン内の食事は高くておいしくないし

65

多分これを最後に私はもうここに来る事はないだろう(^_^;)。
それでも開演の朝10時から夕方の18時頃まで頑張って遊んだけどね。

その後は心斎橋の銭湯に入り汗を流し、難波の居酒屋で夕食。おやじの多いお店だったけれど、にぎわっているだけあってこのお店、結構おいしかったな。

66

そして難波から夜行バスで東京に舞い戻る。
夜行バスはレディース専用バスの3列シートカーテン付きで6500円。145度近くリクライニングできるシートなのは良かったんだけれど、反面、前の座席のリクライニングで腰下辺りから足元にかけてすごい圧迫感(-_-;)。座席間隔がかなり広ければいいけれど、そうじゃない場合は145度のリクライニングはちょっと考えものだという事がわかった。

運賃を抑えに抑えた今回の旅行だけれど、結局トータルでかかった旅費は結構な値段。国内旅行って海外旅行に比較すると結局なんだかんだ高くつくのよね。近場なら海外旅行の方がやっぱりリーズナブルに旅行できるなって感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 5日 (水)

ローカル線で行く関西の旅④高野山

持明院の朝のお勤めは6時30分から30分程。
宿坊の泊り客は朝のお勤めに参加できるのだ。参加といっても結局のところお経を聞いているだけなんだけれどね。朝のお勤めっていうくらいだから、修行僧を含めお坊さんは全員参加なのかと思っていたらお坊さんは2名だけ。ちょっと私の想像とは違っていたお寺さんの朝のお勤めなのであった。

朝のお勤めの間にお布団は片づけられていて、お部屋には既に朝食が用意されていた。

52

朝食後、持明院のお寺内とお庭を散策。

5354


49


持明院は、淀殿(茶々)が、父長政の十七回忌と母お市の七回忌の菩提を弔うために奉納したというお市の方の肖像画を所有しているのだけれど、残念ながらお部屋に飾られていたこちらは模写。
せっかくだから本物を拝みたかったのだけれど、本物は大切に霊宝館にでも保管されているんだろうな。

56今日は持明院から徒歩で高野山の聖域である奥の院、そして高野山真言宗の総本山金剛峯寺を観光。

奥の院って結局墓所って感じかな。実際にこの場所に眠っているというよりは、供養塔がメインぽかったけれど、敵味方関係なく武田信玄とか上杉謙信とか石田光成とか、明智光秀とか、果ては織田信長の供養塔まであった。高野山に墓や供養塔を建てるのは、当時の武家のステータスだったという印象。今ではやたら企業の社葬系墓石が建っているし、昔も今も高野山に墓石を持つのがステータスという考えは変わっていないのかな。でも企業自体にそんなに宗教心があるとは思えないんだけど、単なる見栄のような気がしなくもない(^_^;)。

金剛峯寺は元々は豊臣秀吉が亡き母の供養のために建てたお寺だったらしい。
このお寺には日本国内最大の石庭があるけれど、私の印象に残ったのは、豊臣秀次が切腹したというお部屋。秀次の切腹に関しては理不尽さを感じる私。

とはいえ私、神社仏閣ってやっぱり興味ないかも(^_^;)。高野山も一回来れば十分。きっとすぐに記憶から消し飛んでしまう気がする(^_^;)。

59_2
お昼は高野山でお蕎麦。お味は普通。

58

高野山は観光地というよりやっぱり聖地なんだろうな。寺町にはたいてい観光客用に小奇麗なお食事処とか喫茶店があるけれど、高野山ではほとんど見かけなかったもんね。

そーいえば高野山でむかついた出来事が一つ。奥の院近くにある小さなお茶屋。奥の院見学後疲れたから休憩しようと入ったら、一人しかいないおばさん店員に完璧無視された(-"-)。私達がお店に入った事には気づいているはずなのに知らんぷり。声をかけても知らんぷり。なんなんだ~あれって感じでさっさと出たけれど、今どきあんな店員置いているお店って信じられない。店員というよりは家の奥さんかな。こじんまり家族経営っぽいお店だったからね。虫の居所でも悪かったのかしら。だからってねー、客を無視していい道理はない(-"-)。ならお店閉めとけヨって感じ。

高野山を後に、本日の宿、難波へと向かう。ちょうど極楽寺駅から難波までの直通列車に乗れてラッキー♪

60難波のホテルは、なんばオリエンタルホテル。すぐ近くになんばグランド花月などもある繁華街のど真ん中に位置しているホテルの割には、意外に静かで快適なホテルだった。

夜は道頓堀を観光しがてらお好み焼きとビールの夕食。おいしかった♪

61_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 3日 (月)

ローカル線で行く関西の旅③高野山

ドーミーイン、本日の朝食。

26

27チェックアウト後、今日は高野山へと向かう。大阪経由のまたまた鈍行列車の旅。京都から高野山までは2時間40分程。あくまで有料特急は使わないゾ!という今回の旅(^_^;)。でも高野山って大阪からは思ったほど遠くないのね。乗り継ぎもうまく考えられているし別に特急で行く必要も無しって感じ。

28途中、南海高野線の高野下駅で下車して九度山駅方面へ1時間弱ほど龍王渓遊歩道を軽くハイキングしてみる事に。高野山周辺には所要時間6~7時間、標高差600m程の山道?を行く、昔の参拝道コースもあるんだけれど、駅には荷物預けるロッカーもないしそちらはパス。でも龍王渓遊歩道はただの散歩道のような感じだったので、わざわざ歩く必要ないかも(^_^;)。

2930


さて九度山には知る人ぞ知る(私は今回初めて知った)、真田昌幸・幸村父子隠棲の屋敷跡の真田庵と呼ばれる史跡がある。関ヶ原の合戦で西軍として戦った二人は、その敗退後に死罪に処せられるところ、東軍についていた兄信幸の嘆願によりこれを逃れ、高野山蓮華定院に蟄居。高野山があまりにも寒くて庵をこの九度山に移したんだそうな。その跡地に立つのが善名称院(真田庵)。
↓こちらは真田家の紋(真田紋)

3132


別に私は真田幸村ファンでもないけれど(^_^;)、一応有名な武将だし、時代劇ではかっこよく描かれている事も多いので(笑)、せっかくだから真田庵にも寄り道。

その後、田んぼの中を徒歩15分ぐらい歩き、田舎のイタメシ屋さん、ミューでランチ。ここまで炎天下をわざわざ歩いてくるほどのものではなかったけれど、まっ、いっか。ランチのパスタセットは1200円なり。ピザを食べようと思ってここまで来たのに、ピザのランチセッチがなかったのが残念。

34
35
36

38ランチ後は九度山駅から再び南海高野線に乗り、極楽橋駅でケーブルカーに乗り換えて弘法大師(空海)により開創された高野山へ入る。涼しいといえば涼しい高野山。でもまだ暑いといえば暑いかも。

40とりあえず本日は女人堂から、三代将軍家光が家康と秀忠のために建立した徳川家霊台、高野山の総門である大門、そして高野山の聖域の一つ、真言密教の根本道場壇上伽藍などを歩いて観光。この高野山、昔は女人禁制で7つの登山口にそれぞれ立つ女人堂までしか入れなかったんだよね。女人禁制が廃止されたのは明治5年。そんな昔でもないのよね。

4344


67


そして今日は高野山の持明院の宿坊にお泊まり。宿坊といっても部屋からはきれいな庭が眺められるし、トイレもお風呂もきれいで快適。

食事はお部屋で精進料理をまったり頂けるし、宿坊といえども般若湯という名のお酒もビールも頼めるのだ(^_^;)。まあ宿泊代は旅館並みなので、このぐらい設備が整っていないとやっぱりね~って感じだけれど、お寺に泊っている感はほとんどなかったかな。

客室は50室ほどあるらしいけれど、本日の泊り客は4組程。静か。

4150








夕食の精進料理はこちら。ゆっくり食べていると結構お腹いっぱいになる。

47
48_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 2日 (日)

ローカル線で行く関西の旅②天橋立

ドーミインの朝食バイキング、かなり豪華。まだ新しめのホテルだから頑張っているって感じかな。このグレードのままずっと続くのであれば、京都に行く時には毎回ここに泊りたいって感じなんだけれどね。ってかそんなに京都行かないけど(^_^;)。

13

14_2今回京都はお泊まりだけで、本日は友人のリクエストで天橋立へ日帰り観光へとお出かけ。ハイ、今日も青春18切符使用のローカル線の旅(^_^;)。京都から天橋立まで鈍行を4つ乗り継ぎ3時間半弱。往復で使うと青春18切符使用で電車賃は約1000円お得。でも京都から天橋立まで直通の特急電車も走っていたとは知らなんだ。これだと2時間弱で行けちゃうけれど、値段は2倍。

田舎の景色を楽しみつつ天橋立駅到着は12時半。まずは海の見えるお食事処で海鮮丼のランチ。日本海で捕れた魚だと信じたい(^_^;)。お味は普通で地ビール飲んで1980円なり。

15

16その後はテクテク有名な松並木を歩きながら天橋立を対岸へと渡る。
この時期観光客も少なめ。というか、海はなかなかきれいなのでデートコースにはいいかもしれないけれど、天橋立渡っても観光するには別にこれといって見どころはないような気がする(^_^;)。レンタサイクル使っている人も多かったけれど、ここはレンタサイクルでサクッと見ちゃった方が賢いかもね。歩いていると飽きてくるかも(^_^;)。
でも天橋立の砂浜、海水浴場にもなっていたとは知らなかった。既に泳いでいる人なんて数人しかみかけなかったけれど、この海、結構流れが速そうにみえるのは気のせいかな?単に風が強かっただけかしら。

1718








対岸に渡ると・・・あら、観光バスが結構いるではないの。なんだ、天橋立って天橋立駅側より対岸の方が栄えていたのね。で、ツアー観光客はここから天橋立を望める展望台に上がるだけで天橋立観光は終了のようだった。
20_3
展望台へはケーブルカーかリフト利用。天橋立を歩いている時には晴れていたけれど、展望台に着くころには空模様が怪しくなってきたせいか、展望台からの眺めは別に大した事はなかった(^_^;)。でも確かに天橋立は逆さに見た方がきれいに見える気がした。

21_4

展望台を後に急ぎ足でパワースポットの眞名井神社へと向かう。天橋立を渡る時にかなりまったり歩いていたので、残りの時間がごくわずかしか残っていない。この神社、霊水も湧き出ていたんだけれど、ペットボトルに水を汲んでいる人がいたので飲んでいる時間がなかった。せっかく足を運んだのに残念(><)。

22_2

帰りは汽船に乗って対岸にもどる。空模様はかなり怪しい。今にも雷雨がきそうなので、急ぎ足で天橋立駅へ向ったのが正解。駅に着いて5分もたたないうちにすごい雷雨になった。ぎりぎりセーフ。でもこの雷雨でローカル線の北近畿タンゴ鉄道宮津線が止まったりして??と気になって駅員に確認すると・・・

天橋立から園部までの電車は大丈夫。でもJRがね、15時過ぎに送電線に雷が落ちて止まってるヨ。

え?止まっているってどの区間?
と思ったら、ばっちり私達の帰り道じゃ~ん\(◎o◎)/!

とりあえず予定通り北近畿タンゴ鉄道宮津線に乗り園部駅へ。雷雨の影響でちょっと遅れて18時過ぎ園部駅に到着すると、ホームには京都行きの特急列車が止まっていた。その時点でまだ復旧の目途は全然立っておらず、京都までの列車がいつ動くかはわからないという事。でもいくらなんでも今日中には復旧するだろうと、私達はその特急列車に乗って帰る事に決めた。そこでお待ち状態覚悟で近くのコンビニで夕飯とビールにカップ酒それにおつまみを調達し、特急列車に乗り込み、まったり夕食を食べはじめた私達。

25

そしたらば・・・夕食の途中で、「この列車は運休が決まりました。前に止まっている福知山行きの最終列車に乗ってください。」と、いきなり特急列車に乗っている全員が追いだされた(-"-)。食事途中なのに~(><)。ムカツク。

で、結局、福知山線で大阪経由のすごい遠回りで京都までもどるはめに(-"-)。京都駅到着は予定到着時刻より2時間半遅れの22時半近く。思ったより遅くはならなかった。まあ追加料金も取られず福知山から大阪は特急列車に乗れたので良しとするか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ローカル線で行く関西の旅①

1いい年して(^_^;)、青春18切符を使い関西へと旅立つ。ネットオークションで友人分を含め4回分のチケットを手に入れ、まず本日は東京から京都へと東海道線で向う。時間はたっぷ~りかかるけれど、東京から京都まで2100円で行けちゃったもんね~(笑)。青春18切符の存在を知って以来このルート、一度経験してみようと思っていた私(^_^;)。

品川(7時50分)→熱海(9時32分) 
熱海(9時37分)→興津(10時34分) 
興津(10時42分)→浜松(12時15分) 

浜松でいったんランチ休憩。電車賃をけちったので、お昼は老舗うなぎ藤田の10%引きのグルナビクーポンを持参して豪華にうな重、2700円なり。超久々のうな重はおいしかった!(^^)!。

2
そして再び列車の旅再開。
浜松(13時38分)→豊橋(14時14分)
豊橋(14時33分)→米原(16時40分)
米原(16時48分)→京都(17時42分)

新幹線で行けば2時間15分で行けるところ、鈍行だと8時間弱(+_+)。でもまぁ海外旅行で長時間の移動には慣れているし、途中ランチ休憩もはさんでいるので、長い休みの最中であればこの程度までは私的には許容範囲内かな。一度経験すれば十分だけどね(^_^;)。
誤算だったのは東海道線が意外と混んでいたって事。私達的には4人がけのボックスシートに2人でゆったり腰掛けてのんびり車窓を楽しみながら行く予定だったんだけれど、ボックスシートはほとんどないし、座れない行程もあったし、座れてもキチキチ詰め詰め状態だったりで、全然のんびりって感じでは無かったな。

京都のお泊まりは駅近くの天然温泉付きのドーミイン。ドーミーインはコストパフォーマンスがかなりいいホテルなのだ。以前弘前で泊って良かったので京都でも宿泊してみる事に。1泊朝食付き一人6000円のプランで選択した京都のドーミーイン、お部屋もなかなかで満足。

夕食は三条まで足を運び、同僚に教えてもらったDiningHARIMAYAへ。老舗料亭はり清の姉妹店で、はり清に比較しこちらはリーズナブルに懐石料理を頂けるとか。原発事故後以来、東京での外食は必要最小限にとどめているので、超久しぶりの懐石料理。おいしかった~。個室で4500円のコースはお得感あるしね~。既に秋のコースで今年お初の松茸♪
3

4_5
5_2
7_2
8_2
9_3
10
11

そしてホテルに舞い戻り、サービスの無料夜鳴きソバも食べたのであった。関西といえども既に原発の影響は無視できないとおもうけれど、旅行先では気にしない事にして、今回の旅はグルメも目的の一つ(^^)。12_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)