経済・政治・国際

2009年2月16日 (月)

倒産株の行方

本日倒産銘柄、無事1円で売却。今後の戒めとして、約定メール、コピっとこ。

国内株式約定通知
----------------
約定日時
2009-02-16 15:00
注文番号
509
現物売
銘柄
8839
○○○
東証
株数:3,000
価格:1

ハァ~、この価格:1って、あり得ないよね。と言うよりは、倒産前から既に2だったのに倒産していない方がありえなかったのか
倒産発表後、Yahoo掲示板と2チャンネルをチェックして、倒産株の行方を学んだ。

①民事再生法の適用を申請後も、1ヶ月間は上場されているので株取引は可能。
②信用売り残があると買い戻しが入るので、①の期間に倒産株でも買いたい人はいる。ただし1ヶ月間ずっと1円に張り付いたままで売れない場合もある。
③1円で売っても手数料の高い証券会社だとかえってマイナスになる場合があるので、売らないのも一つの手。でも売って損失を確定しておけば、確定申告で損失控除の申請が可能。ただし他の株で儲けていなければ、確定申告したところで何のメリットもない。
④1ヶ月の間に祭りが起きる場合もある。
さてこの祭りとは?
短期的な資金がどっと流れ込んで、一時的に株価上昇が起きること。
倒産株を狙うデイトレーダーが、いわゆる1円抜きでうまく利益を出して売り逃げするマネーゲーム?それとも仕手株化?それとも再生の可能性が高く、意外と値がつく?のいずれかなんでしょうが
どちらにしろ元々の株主にとっては、祭りが起きれば多少は高く売れる機会に恵まれ歓迎なんだけれど、祭りが起きるか起きないかは誰もわからないのであった。

ちなみにこの株、倒産前の株価が2円なので、それより上がる事はないだろう・・・というのが大概の意見。つまり祭りはないって事
でも記念にあと1000株残してあるので、万一祭りがあった時に備えて5円ぐらいで指しといてみようかな

しかしYahoo掲示板に2チャンネル、こーゆー時の情報収集にはなかなか使える。自分じゃさっぱりわからないもん。
証券会社からは「あなたの持っている株、倒産発表しましたヨ」なんて連絡はな~んにもないし、知らなきゃ知らないである日突然、「あら?株が無くなってる!」って気づくのよね、きっと。恐ろしい-。あたりまえだけど、やはり株は自己責任。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月13日 (金)

とーさん

うっきゃー不動産関連東証2部上場○○○株式会社、株価2円でとうとう民事再生法の適用を申請。これって結局倒産・・・だよね・・・
という事は、私の持っている株は紙くずと消え去るん・・・だよね・・・
せっせと働いて稼いだ○○万ヨ、さよ~なら
まあね、倒産の可能性を十分認識していたにもかかわらず、損切りするタイミングを逃し、いつか復活するかも??というかすかな望みを賭けて、ここ数か月ず~っと倒産価格で推移していたこの株を持ち続けていたのは私。今更こんなはした金で損切りできるかってところだったんだけれど・・・こんな結末を迎えるなら、たとえ1万円でも早々に回収しておくべきだった
一応3日前に、さすがにやばくないと感じた私は、そんな事も言ってられないだろうと指し値で売り注文出してはみたけれど、指し値がチト高かったようで売れていなかった・・・・・倒産予感は的中していたのに、ちょっとした欲を出したせいで売れなかったとは、トホホ
また一つ、株の学びたくない面を学んだって感じ
とりあえず民事再生法の適用を申請した株の行方を最後まで見届けるべく1000株を残し、あとは成り行き売りで指しといたけれど、月曜日に1円で売れるんだろうか??

しかしこの不況の中、この損失は痛手だ~。ソウルなんて行って散財している場合じゃなかった。これからは節約生活を送らねば

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月27日 (木)

ねんきん特別便で知る社会保険庁のズサンさ

先日、ねんきん特別便が届いた。
一度転職している私は、年金が問題になった2~3年前に自分の年金記録を確認しにちゃんと社会保険庁を訪れているのだ。その際、「きちんと登録されています」と言われたし、見方がよくわからないけれど年金記録ももらった。だから何ら私の年金記録に問題はないはずという確信のもとねんきん特別便を開けてみたら・・・ない?・・・ないじゃんー!私の転職前の5年間の記録が全部抜けてる
電話で確認したら「宙に浮いた年金のリストの中に、お宅様に該当すると思われる年金記録がありますね」だと。どーゆーこっちゃ。あの社会保険庁まで足を運んでの確認はいったいなんだったの???
宙に浮いた年金ってアナログ世代の問題だと思っていたら大間違いで、しかも一度確認に行ってきちんと登録されていると言われた年金記録が2~3年後には既に消失しているって、いったいどんな処理したらそんな事になるわけ?そんな処理する方が難しい気がするんですけどー。人のお給料から強制的に奪い取ったお金を記録漏れなんて許されない事だと思うけど。恐ろしいほどズサン極まりない社会保険庁の実態を思い知った(-"-)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)