« 2019年2月 | トップページ

2019年3月

2019年3月 8日 (金)

KAKAI歌会2019

Attachment2ちょっと興味をひいたので「KAKAI歌会2019」の初日を見に三越劇場へ。
ミュージカル俳優9名出演の変わった趣向のミュージカルレビュー。出演者や内容を変えての今回は4回目の公演で、以前にはクルーズ船のショーとしても上演されたらしい。

コレ、久々笑わせてもらったって感じでめっちゃ面白かった。ただのおふざけで笑わすのではなく、ちゃんと歌を聴かせてくれるところがポイント高し。

宇宙戦艦ヤマトの「さらば~宇宙よ~」から始まるオープニングは、懐かしいアニメや特撮ソングのメドレー。パロディーって言うんでしょうか?言葉遊びっていうんでしょうか?これがね~笑えるんだ。そして何故か私の世代にぴったり当てはまる選曲ですべて口ずさめちゃうという(^^;)。これ見て、宇宙戦艦ヤマトでミュージカル作ってももいけるんじゃない?って思ったもんね。

そして桃太郎を元に作ったというオリジナルコメディミュージカル。これがまた笑えた。特に女性陣3名が活躍してたかな。
え(@_@)、そこでこのミュージカル曲使う?って感じのコメディー場面に、エリザベートやモーツァルトやレミゼやサウンドオブミュージックなどの名曲の数々がぶち込まれてくるんだけれど、場面の流れ的には原曲の歌詞に妙にマッチングしているので唐突感はないんだよね。真面目に歌い上げている分更に可笑しさが増してミュージカル好きには二倍楽しめる趣向でもある。

二部は女装のわらべ歌カンカンから始まって宝塚風のレビューも織り交ぜたプチショー。これもまた笑える。最後はコメディー無しに出演者達が4つのミュージカル曲から選んだ曲を1曲ずつ歌いあげるんだけれど、歌ウマな人たちだけに聴きごたえがあってとっても良かった。満足。

Attachment1_3この舞台の構成、演出をしているのが、出演者でもある原田優一さん。当初原田さん?誰?と思っていたら、なんとマリーアントワネットでルイ16世の役をやっていた人だった。全然イメージ違うじゃん!って個人的に大ウケしてしまった(^^;)。そういえば目がルイ16世だわよね。でも女装のカンカンでは女子か?と思えるほど可愛かった人がルイ16世ねぇ~。
でも原田さんって、こういった舞台を作り上げる才能もあったのね。

9名の出演者の中で元々名前と顔がすぐわかるのは今井清隆さんと出雲あやさん。今井さんのレミゼをこんなに間近で聞けて良かったワ。出雲あやさんには私のよく知らないジキルとハイドではなく(^^;)、レベッカのダンバースの曲を歌って欲しかったな~って思っちゃった。愛加あゆさんはよく知らなかったんだけれど、王家の紋章でミタムン役やっていた人だったのね。ダンスが得意でミタムン役だったのかと思ったけれど、私だけにもちゃんと歌い上げていたし見直したかも。原田薫さんの舞台は多分全く見た事ない気がするんだけれど、いい味出していたな。その他男優の方々も良かったけれどね。
しかしこの9名、年齢の幅も広いし何つながりなのかな?ってちょっと不思議なメンバー構成と思ってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2019年2月 | トップページ