« 屋上ヘリポート | トップページ | チームラボプラネットTOKYO »

2018年10月20日 (土)

ミュージカルマリーアントワネット

Attachment110年ぶりぐらいの再演になるのかな?「ミュージカルマリーアントワネット」を見に帝劇に。
初演に関しては曲が良かった♪という事以外、実は全然記憶に残っていない「マリーアントワネット」。でも初演は二回観劇に足を運んでいるので、結構私好みの内容だったとは思う。

再演見ても初演の事が全く思い出せないんだけれど、今回かなり内容変えてないか?絶対初演の方が良かった気がする・・・。
今回、二部の中盤あたりからはストーリーに入っていけたけれど、一部なんてこんな内容だったっけ?といった感じで初めてみる舞台のようで印象がな~んか違うんだな・・・。

で、思った。初演の時の方が歌も演技も達者な人が多かったのも、今回感じた違和感の一因かなと。

今回の出演者は笹本玲奈、昆夏美、古川雄大、原田雄一。
花總さんの女王様役はもうおなか一杯感があるし、花總さんより笹本さんの方が歌ウマだろうとダブルキャストの笹本さんの回を選んで観劇したんだけれど、ちょっと期待外れに終わってしまった。笹本さんてもうちょっと歌える人じゃなかった?笹本さんの音域が広くないのか、はたまた今回の曲が難しいのかはわからないけれど、聴いていてちょっと耳障りなところが多々あって、どうしちゃったんでしょ?って思っちゃった。

昆さんは安定の歌唱力。

古川さんはね~、まだ主役級の役やるには早くないか?って思ってしまった。古川さん主役のモーツァルトは観ていないので断言はできないけれど、なんかフェルセンには地味すぎた。オーラが無い。そして音程はしっかりしてる気はするけれど、ミュージカルの歌い方としてはかなり弱い。そして感情の表現に乏しくて印象が薄すぎる。「1789」の時にはカッコ良くて注目して見ていたのでかなり期待していたんだけれど、こちらもちょっと期待外れ。

という事で、主役級がこんな感じなのでいまいち盛り上がりに欠けた「マリーアントワネット」。実際カーテンコールの観客の反応やチケットの販売状況見ると、さもありなんといった感じ。とはいえ、やっぱり曲がいいので「マリーアントワネット」は好きなミュージカルの一つで、またいつかは再演してもらいたいし、出演者には公演の評価を上げるようにもっと頑張ってもらいたいなって思った。

|

« 屋上ヘリポート | トップページ | チームラボプラネットTOKYO »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミュージカルマリーアントワネット:

« 屋上ヘリポート | トップページ | チームラボプラネットTOKYO »