« 沖縄座間味島旅行3日目 | トップページ | 沖縄座間味島旅行5日目 »

2018年8月 7日 (火)

沖縄座間味島旅行4日目

今日は三つの無人島の中で一番大きな安室島に渡る事に。
安室島は年に数回、干潮時に座間味島とつながることもあるという島。潮をよめればその海峡を歩いて渡れなくもないとの話だけれど、歩いて渡れる時間は限られていて、潮が満ちてくると猛烈に早い潮流に足を取られてしまうので危険なのだそうな。

1_2


3無人島渡し船はその幻の道ができる海峡を進み、座間味港から15分、湾になった安室島のビーチに到着する。

ビーチが長く続く安室島。船長さんが言うには、ここは安慶名敷島と違い流れもないので、この湾内なら好きに泳いでも大丈夫とのこと。結構泳げる範囲が広くて嬉しい。

2_3


5_2まずはテントを設置。

テントもね、刻々と日陰の範囲が移り行くので、日陰の範囲はテントの半分位の範囲と思っておいた方がいいかも。

安室島のビーチは、遠く斜め左の方角に、座間味島一番人気の古座間味ビーチがちょこっと見える位置関係。

テント設置後、広いビーチなのでまずはビーチの左サイドを重点的にシュノーケリング。流れはないんだけれど、今日は風が強めで結構波があるので海中はやや濁っている感じなのがちょっと残念な感じ。

6_2ここの海中も結構サンゴが豊富で魚もたくさんいるので、透明度が良ければかなり綺麗な気がするんだよね。夏に透明度を望むのはなかなか厳しいのかな。

引き潮の間に間近で魚をじっくり観察。

昨日のランチは持参のお菓子ですませたけれど、今日は宿で500円のお弁当を頼んだのでがっつりお昼を食べる。
4_2渡し船では無料のクーラーボックスを借りれたので、炎天下でお弁当が痛むことも無くてよかった。浜辺で海を眺めながら食べるお弁当は美味しい♪


8_2

9_2

10_2

11_2

ランチ後は、ビーチの右サイドを重点的にシュノーケリング。右の海域の方がシュノーケリング的には面白くて、結構沖の方まで泳いだ感じ。

20_2

15

またまた16時にお迎えを頼み、座間味島に帰島。途中、安慶名敷島に立ち寄って、他のお客さんをピックアップ。

12

今日の夕食。生鰹、三枚肉の煮つけ、カジキマグロの生姜焼き、もずくに天ぷら、豆腐チャンプル、ゴーヤとなめたけ和え、アーサーの味噌汁、チョコケーキ。もずくの天ぷらが特に美味しかった♪

13

|

« 沖縄座間味島旅行3日目 | トップページ | 沖縄座間味島旅行5日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄座間味島旅行4日目:

« 沖縄座間味島旅行3日目 | トップページ | 沖縄座間味島旅行5日目 »