« マリーアントワネット展 | トップページ | ランチ »

2017年2月12日 (日)

Adam's First Live

Img_0171気が向いて、よみうり大手町ホールに「Adam's First Live」を見に足を運ぶ。

これ、ミュージカルの若手俳優のステージ。でも、名前と顔が一致するのは上原理央さんのみなんだけれど、「レ・ミゼラブル」のアンジュルラス役の上原さんを見て以来、この人の歌唱力には一目置いているので、見に行ってみようと思ったわけ。

上原さんの外見は全然好みじゃないんだけれど(^^;)、歌はうまいし存在感がある役者であることは確かだなって改めて思った。この雰囲気でポップミュージック系はあわない・・・けど、歌い上げる歌はさすが聴きごたえがあった。
今回の一番のヒットは上原さんの「闇が広がる」。これが聴けて良かった。このぐらい歌える人にトート役やってもらいたいなぁ~って思ったもんね。井上さんもうまいんだけれど、声が高すぎて闇の帝王のイメージではないんだな。いつか上原さんにもトート役が回ってくるかしら?

他の出演者は、「王家の紋章」に出ていた木暮真一郎さん。王家の紋章のウナス役の人かぁ~って思うとあの人ねって感じ。木暮さんはね、舞台での立ち姿やステップの踏み方とか見ていると、素人の大学生かい、って突っ込みたくなる感じだった(^^;)。初々しいっていえば初々しいし可愛いらしいんだけれど、こっちはお金出して見に来てるわけだし、もうちょっとプロらしく堂々とした態度とった方がい~んじゃない?ってアドバイスしてあげたい気分になった。一人ジャニーズ系にも見えなくもなかったかな。

そしてあとの二人は「リトルマーメイド」の王子様役をやっているという山田元さんと、「ウェストサイド物語」でトニー役をやっているという大田翔さん。劇団四季の舞台に出ているって事は四季系の俳優さん達なのかしら?劇団四季は滅多に見ないんだけれど、全体的にかもし出す雰囲気が良くも悪くもいかにも劇団四季だった気がした。

ミュージカルは宝塚から入った私としては、どうしても舞台上で見る俳優はスラ~っとした立ち姿の見た目も麗しい人を期待しちゃうんだけれど、今回の4人、身長が全員180cm以上という割には立ち姿がいまいち。自分をかっこよく見せる衣装はどんな衣装なのかとか、立つときのポーズとか、その辺、もうちょっと研究した方がいいのではないだろうか?せっかくの高身長なんだから、そこ、生かさなきゃだよね。

あとね、一部の曲の選曲が私的にはいま一つ。英語曲歌うなら、もうちょっと歌い込んで合わせてからにして~って思った。発音がいかにも日本人英語って感じに聞こえちゃったし、英語のせいか4人でのハーモニーが全然あってない。バラバラって感じ。そこ、個性とはまた別物だと思うんだよね。もうちょっと練習が必要でしょって思った。
First Liveなら冒険せずに、全編得意曲、もしくは一般の観客が望むミュージカル曲で攻めた方が良かったんじゃないかな?ミュージカル曲はなかなか聴きごたえがあったからね。

とにもかくにもそんな感じで、ちょっと期待していたものとは違った「Adam's First Live」なのであった。公演後、私は行かなかったけれど、タッチ会も開催していた。ミュージカル俳優もタッチ会とかする時代なのね(@_@)。

|

« マリーアントワネット展 | トップページ | ランチ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Adam's First Live:

« マリーアントワネット展 | トップページ | ランチ »