« 横浜ロイヤルパークホテル | トップページ | エリザベートガラコンサート »

2017年1月11日 (水)

玉置浩二クラシックコンサート

「玉置浩二Premium symphonic concert Curtin call 2017 指揮:栗田博文」を見に&聴きに東京国際フォーラムA会場に足を運ぶ。

Img_1258何故に玉置浩二?・・・って感じなんだけれど、突然安全地帯の歌を聞きたくたくなって昨年、You Tubuで安全地帯の曲を検索していた時に発見した、以前の玉置浩二クラッシクコンサート&玉置浩二ショーの動画。

元々玉置浩二の歌や声は好きだったんだけれど、動画見たらそのうまさに改めてめちゃ感動しちゃったんだよね。運良く間際にコンサート開催の予定もあって、友人がチケットを取ってくれたのだ♪

ということで足を運んだお初の玉置浩二のコンサート。

Img_1262オーケストラをバックに玉置浩二の曲と歌声が妙にマッチしていて、とっても良かった!
聞いた事がない曲を聴いていると、曲調はやや似通ってるかな・・・と思わないわけでは無いんだけれど、でも、やっぱり玉置浩二っていい曲作曲するよね。でもって、歌もとってもうまいし情感もこもっているので、引き込まれちゃう感じ。

オーケストラとのコラボだから会場はシ~ンと静まり返ってるし、トークは全く無いのでまさしく曲と玉置浩二の歌声を堪能する世界なのだ。

玉置浩二の曲の中では最近私一押しで、是非是非ナマ歌で聴きたい!と切望していた「行かないで」も歌ってくれたし、安全地帯のメドレーも歌ってくれたし、最後の最後に歌った「夏の終わりのハーモニー」。マイクを外してのアカペラから始まって、途中からオーケストラの伴奏が入る手法にはめっちゃ感動したな。私の席は2階席の後ろの方だったんだけれど、マイク外しても十分声が通るし、玉置浩二の声量ってすごいなって思った。もちろん音程外すなんて事はなかったしね。

玉置浩二って歌が本当に好きみたいだし、人に聴かせる事も大好きみたいだし、そこがまたいいよなって思う。今回はソロコンサートだったけれど、他の歌手とのコラボとか聴いても、決して自分だけ抜きんでるでもなく、うま~く相手に同調させてハモって、その曲をさらにいい感じに二人で歌い上げているあたりも、すごい才能だなって思う。

チケットに付いていた1時間のDVDの内容もなかなか良かった。奇行のイメージが強かった玉置浩二が文化人に見えたもんね(^^;)。というか、コンサートを見る限りでは、今はもう普通に真っ当な人に戻ったのかな?といった感じだった。昔がちょっと変だったのかしら(^^;)。DVD見て知ったんだけれど、昨年病気で一時期入院していたみたいで、退院後はスリムな体型も保っているみたいだし、DVDの歌声よりも今日はさらにパワーアップしていたし、今はとってもいい状態なんじゃないかな?
なんだかロマンスグレーのおじさまになったなという印象だった。

とにもかくにも玉置浩二の歌声は素晴らしかったな!

本日のセトリはこちらImg_1260

|

« 横浜ロイヤルパークホテル | トップページ | エリザベートガラコンサート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 玉置浩二クラシックコンサート:

« 横浜ロイヤルパークホテル | トップページ | エリザベートガラコンサート »