« 阿蘇&高千穂旅行①-熊本城 | トップページ | 阿蘇&高千穂旅行③-南阿蘇 »

2014年2月28日 (金)

阿蘇&高千穂旅行②-阿蘇山

朝起きたら窓の外に、昨日を見えなかった阿蘇山の全景が広がっていた。ギザギザが特徴のこの山は根子岳かな。朝モヤが幻想的な風景を作り出しているよね。

14
15

13_2寝起きで温泉につかった後、部屋で山の風景を眺めながらパンとヨーグルトジュースの朝食を・・・と思ったら、温泉につかっているちょっとの間に辺り一面に霧が立ち込めて外の風景は真っ白けっけになっていた(^^;)。う~ん、山の天気は変わりやすいとはいうけれど、天気予報を見ると今日は九州全域に濃霧注意報が出ているではないの。悲しい。

とりあえず霧が晴れる事を祈って8時前にお宿をチェックアウトし、霧の中、テクテクと宮地駅へと歩いて向かう。

18そして宮地駅からJR豊肥本線に乗り阿蘇駅へ。知らなかったけれどこのJR豊肥本線って土砂崩れで幾度も復旧工事をしている線だったのね。宮地駅の待合室にそんな復旧工事の歴史が紹介されていた。トグロ状に押しつぶされてトンネルから外に流れ出た線路の写真とかね、すごすぎた(*_*)。鉄がこんなに変形しちゃう程の威力って、自然の力ってやっぱり恐ろしいな。そんなの見せられたら、大雨の後とかにこの列車に乗るの怖いだろうにね。

19宮地駅から列車で5分。山なんてかけらも見えない霧の阿蘇駅に到着。ん?何やら向かいのホームにこの場にそぐわない超高級列車が止まっているではないの。あれはいったい何?と思ったら、数年前に誕生したクルーズトレインのななつ星だった。

20このななつ星列車、いったいいくらで乗れるのかしら?と思って家に帰ってネットで調べてみると、1泊2日の一番安いスイートで一人18万円(@_@)。それでもこの列車の乗車券は抽選になる程の人気らしい。みんなお金あるんだな~。

21さて、庶民の私は阿蘇駅から阿蘇登山鉄道バスに乗り草千里へと向かう。ななつ星に乗っている人はもちろんタクシー利用よね。それとも送迎とか付いているのかしら?
にしてもこんな真っ白な霧の中、上に行っても何も見えないんじゃん(T_T)と、バスの中モンモンとしていたら、中腹辺りで突然雲を抜け一気に視野が開けた\(^o^)/。
カルデラに広がる雲海に阿蘇の外輪山が車窓から見渡せてすばらしい眺め!!
バスの運転手さんいわく、この時期にこんな雲海が見れるのは珍しいんだそうな。遠くには昨年登った長崎の雲仙普賢岳の山頂までちょこんと顔を出してるし、朝一のバスで来た甲斐があった♪

26

22噴火活動が活発化している中岳からは噴煙があがっている。
本当はロープウェーに乗って中岳の火口に行きたっかたんだけれど、昨年の12月に中岳が小噴火して現在はロープウエーも運行中止で火口周辺は立ち入り禁止状態。火山好きの私としては火口まで行けないのはかなり残念なんだけれど、近くにある杵島岳まで登れば火口が見えるとの情報を事前にキャッチしていたので杵島岳に登ってみる事に。

23杵島岳山頂への道は観光客用に整備されているので本来は別にこれといった装備もなく登れる小山なんだけれど・・・こちらも残念な事に雪に阻まれて頂上まで行けなかったよぉ~(><)。距離的にはたった10mほど続く残雪だったんだけれど、残雪に3歩足を踏み入れたところで、ズボッ!っとシャーベット状になっていた雪に向こうずねまで足が埋まり諦めた(T_T)。スニーカーにジーンズだとベチョベチョに濡れちゃう事になるし、登って行けたとしても結構勾配のきつい箇所だったので降りる時が滑って怖いしね。運動不足の身でゼェゼェと半分以上頑張って登ったきたのに、中岳の火口を拝めないで戻るなんて残念。

25

28立ち入り禁止ってどこから立ち入り禁止地区なのかわからないまま、途中の分岐点で中岳方面への道をちょっと進んでみる。でもこの時期杵島岳周辺歩いている人なんて誰もいないし(^^;)、有毒な火山ガスが流れてきたら怖いので、眺めのいい場所で噴煙のあがる中岳を堪能した後は、あきらめて草千里に引き返した。私、噴煙上げる火山ってずっと見ていても飽きないのよね(^^;)。
29その後は草千里をちょっと散策し、阿蘇火山博物館も見学し、九州横断バスで次は立野駅へと向かう。
草千里滞在時間は約2.5時間位だったかな。雪の残る時期でなければ烏帽子岳まで登ってみたいところだったけれど、まだ春は先の阿蘇山なのであった。

|

« 阿蘇&高千穂旅行①-熊本城 | トップページ | 阿蘇&高千穂旅行③-南阿蘇 »

コメント

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!

投稿: 履歴書の書き方 | 2014年9月 3日 (水) 09時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 阿蘇&高千穂旅行②-阿蘇山:

« 阿蘇&高千穂旅行①-熊本城 | トップページ | 阿蘇&高千穂旅行③-南阿蘇 »