« 東北旅行(中尊寺・鳴子峡紅葉) | トップページ | ケネディ家の悪夢 »

2008年11月 8日 (土)

エリザベート観劇

もう10回以上は見ているけれど、再び帝劇でミュージカル「エリザベート」が上演されているので観劇に行く。
Suzukaze21 しかしエリザベートもこう何度も上演されるといいかげん見飽きたな~。とはいえ、今回から帝劇版「エリザベート」のエリザベート役者が変更なのでやっぱり見に行かなきゃな、という事で本日のキャストは涼風・武田・石川・伊礼こんな感じ。
涼風エリザと武田トートコンビ、親子にしか見えない(T_T)。一路エリザの時にもかなり無理があったけれど、一路さんより年齢上の涼風さんはさらに輪をかけて無理がある(T_T)。武田トートには若めの朝海エリザにしとけばよかったな。涼風エリザは山口トートの時に見るべきだった(T_T)。だって母親に恋してる息子のイメージってやっぱり変でしょ(^_^;)。
で、涼風エリザですが・・・まあ思った通りといえば思った通り。でも涼風さんの演技にはよくありがちとわかっていても、やはりすごく気になる点があったのだ。一連の台詞の流れの中で、あるいは一曲歌い上げる中で、涼風さんって意識的なのか無意識なのかよくわからないけれど、普通の声音の他に、かわいこぶった声音や男役の声音が混ざるんだよね。なんていうか、人格が短時間でコロコロ変わるといった感じで、聞いている方としてはとても違和感があった。あと一路さんより音域狭いのか、結構裏声使っていた点がマイナス要因かな。
Takeda21 武田トートは前回見た時よりはかなりまともになっていた。前回の時は麻薬中毒患者のストーカーか?っていうぐらい気色悪い演技をしていたけれど(^_^;)、今回は意外とノーマルな演技・・・とはいえ、蛇みたいな動きと言い回しにはちょっと抵抗があったけれど、まっ、嫌悪感を抱く程ではなかったのでよかったかな。しかしあいかわらず線が細いので存在感が薄いし、なんか微妙に音程がずれるところが気になったな。あとすご~くヒールが高いブーツ。小柄な武田トートに仕方がないとは思うけれど、ちょっとアンバランスじゃないか?って感じで、何故か何度もオペラグラスで眺めてしまった(^_^;)。
石川フランツヨーゼフは安心して見てられるって感じ。私この人の歌声って心地よくて結構好きなのよね。でも体型がだんだんメタボ化している・・・舞台人なんだからもうちょっと痩せようヨって感じかな。
伊礼ルドルフは可もなく不可もなく。でもこの人ダンスは苦手??に見えたけれど、実際どうなんでしょ。
全体的にはアンサンブルは悪くないんだけれど、なんか迫力に欠けていた感じ。昔はプロローグからゾクゾクッってのめり込めるものがあったけれど、今回はまったくそんな感覚はなかった・・・見飽きたせいかもしれないけれどね。

|

« 東北旅行(中尊寺・鳴子峡紅葉) | トップページ | ケネディ家の悪夢 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エリザベート観劇:

« 東北旅行(中尊寺・鳴子峡紅葉) | トップページ | ケネディ家の悪夢 »