2019年3月 8日 (金)

KAKAI歌会2019

Attachment2ちょっと興味をひいたので「KAKAI歌会2019」の初日を見に三越劇場へ。
ミュージカル俳優9名出演の変わった趣向のミュージカルレビュー。出演者や内容を変えての今回は4回目の公演で、以前にはクルーズ船のショーとしても上演されたらしい。

コレ、久々笑わせてもらったって感じでめっちゃ面白かった。ただのおふざけで笑わすのではなく、ちゃんと歌を聴かせてくれるところがポイント高し。

宇宙戦艦ヤマトの「さらば~宇宙よ~」から始まるオープニングは、懐かしいアニメや特撮ソングのメドレー。パロディーって言うんでしょうか?言葉遊びっていうんでしょうか?これがね~笑えるんだ。そして何故か私の世代にぴったり当てはまる選曲ですべて口ずさめちゃうという(^^;)。これ見て、宇宙戦艦ヤマトでミュージカル作ってももいけるんじゃない?って思ったもんね。

そして桃太郎を元に作ったというオリジナルコメディミュージカル。これがまた笑えた。特に女性陣3名が活躍してたかな。
え(@_@)、そこでこのミュージカル曲使う?って感じのコメディー場面に、エリザベートやモーツァルトやレミゼやサウンドオブミュージックなどの名曲の数々がぶち込まれてくるんだけれど、場面の流れ的には原曲の歌詞に妙にマッチングしているので唐突感はないんだよね。真面目に歌い上げている分更に可笑しさが増してミュージカル好きには二倍楽しめる趣向でもある。

二部は女装のわらべ歌カンカンから始まって宝塚風のレビューも織り交ぜたプチショー。これもまた笑える。最後はコメディー無しに出演者達が4つのミュージカル曲から選んだ曲を1曲ずつ歌いあげるんだけれど、歌ウマな人たちだけに聴きごたえがあってとっても良かった。満足。

Attachment1_3この舞台の構成、演出をしているのが、出演者でもある原田優一さん。当初原田さん?誰?と思っていたら、なんとマリーアントワネットでルイ16世の役をやっていた人だった。全然イメージ違うじゃん!って個人的に大ウケしてしまった(^^;)。そういえば目がルイ16世だわよね。でも女装のカンカンでは女子か?と思えるほど可愛かった人がルイ16世ねぇ~。
でも原田さんって、こういった舞台を作り上げる才能もあったのね。

9名の出演者の中で元々名前と顔がすぐわかるのは今井清隆さんと出雲あやさん。今井さんのレミゼをこんなに間近で聞けて良かったワ。出雲あやさんには私のよく知らないジキルとハイドではなく(^^;)、レベッカのダンバースの曲を歌って欲しかったな~って思っちゃった。愛加あゆさんはよく知らなかったんだけれど、王家の紋章でミタムン役やっていた人だったのね。ダンスが得意でミタムン役だったのかと思ったけれど、私だけにもちゃんと歌い上げていたし見直したかも。原田薫さんの舞台は多分全く見た事ない気がするんだけれど、いい味出していたな。その他男優の方々も良かったけれどね。
しかしこの9名、年齢の幅も広いし何つながりなのかな?ってちょっと不思議なメンバー構成と思ってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 1日 (金)

宇宙ガラス体験教室

A宇宙ガラス体験教室なるものがある事を知り、埼玉県坂戸のHASE硝子工房へ♪
最初に先生がお手本を作ってくれるのを見学し、その後に先生がマンツーマンでついて実際に自分で作成するという流れ。所要時間的には一人一時間弱ぐらいかな。

惑星の役目を果たすオパールは6種類ぐらいあって、どれを入れるかは自分で選べる。宮古島で購入した宇宙ガラスにはピンクオパールが入っているので、今回はミントオパールを入れる事に。

しかし、超ブッキーな私には高度な技。
という事で宇宙ガラス体験、自分で作ったというよりは、私はほぼ手を添えていただけっていう感じかな(^^;)。作成したものはお持ち帰りできるので、下手に力入れて失敗するよりは、先生にゆだねて綺麗にできた方がいいもんね。

完成品はこちら。これすべて同じ宇宙ガラス。向きによって&光の加減によって色を変える宇宙ガラス。見ていて飽きないワ。
最後にはちゃんとネックストラップもつけてお持ち帰り。

B


先生は変幻自在に自分の想像する宇宙をガラスの中に作り出せるんでしょうけれど、体験の場合はガラスの中にどんな宇宙が誕生するかはできてのお楽しみ。同じものは一つも無いオリジナル。超綺麗にできて満足。オパールも綺麗に輝いてる。

C


家に帰って、宮古島で購入した宇宙ガラスと比べてみる。
HASE硝子工房の宇宙ガラスは底が結構平らで銀が多めなのか?明るい銀河の中心のイメージ。一方宮古島の宇宙ガラスはほぼ円球で銀が少なめなのか?渦は少ないけれど無限に続く暗黒の宇宙のイメージ。
同じ宇宙ガラスでも作家さんによってイメージが違うところがまた面白い。

Attachment1


最終的にはこんな感じに飾ることに♪

100

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月11日 (金)

三井アウトレットパーク木更津

Img_4707三井アウトレットパーク木更津。高速バスで簡単に行けると知って以来、ず~っと一度は行ってみようとは思っていたのだけれど、やっと実現。

アクアラインを通れば品川から50分。往復割引を利用すれば2060円で行けちゃう。

そしていつのまにやら品川からも御殿場アウトレット行きバスが運行していた事を知る。品川のバス乗り場に早く到着しちゃったもんだから、最初御殿場アウトレット行きのバスに間違えて乗ってしまい、出発間際に運転手さんからバスチケットの行き先が違うとの呼び出しを受けるはめに(^^;)。危うく御殿場に行くところだったワ。運転手さん、ちゃんと確認してくれてありがとうって感じ。

木更津のアウトレットは最近拡張されたみたいで日本一広いらしいけれど、御殿場のアウトレットの方が広く感じたのは気のせいだろうか?

今日は平日なのでスキスキ。一応新春セール中なんだけれど、既に終盤。これといって掘り出し物は無かったな。せっかく来たんだからと、ムダに買い物した気がするので、やっぱりアウトレットって行く必要ないなって改めて思った。

特に今回、ふるさと納税でゲットしたモンベルのポイントを使うのが第一目的だったんだけれど、アウトレット商品が少なかったので特に買いたいものが無かったのは残念。1品のみ着るか着ないかわからないアウトレット商品を買ったけれど、定価商品をわざわざここで買う必要もないもんね。

Img_4706お昼はフードコートで宮武讃岐うどん。
昼食後、私のお気に入りの函館の回転ずし「函館函太郎」を発見し、ここで食べればよかった~(T_T)、と大後悔。
函太郎が関東に進出したという記事を以前見たことは覚えているんだけれど、ここに店舗があったとは・・・函太郎の炙りサーモン食べたかったな。

Img_4709デザートは見波亭の濃厚焦がしチーズバーム。
う~ん、バームクーヘンはやっぱりシンプルなバームクーヘンが一番だな。

平日なので行きも帰りも渋滞に合うことなく、予定通りの時間で帰着。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 6日 (日)

宇宙ガラス

昨年末、宮古島に旅行した際に、平良の「海工房」というお店で、思いがけず宇宙ガラスを発見。シギラの「琉球の風」にも宇宙ガラスもどきがあったんだけれどね、こちらはもどきではなくちゃんとした宇宙ガラス。

宇宙ガラスといえばプラスアルファの作品というイメージなんだけれど、お店の人いわく、プラスアルファは商品登録しているだけで、もっと以前から宇宙ガラスを作成している人は結構いるんだそうな。

宇宙ガラス、それなりの値段なので買うつもりはなかったんだけれど、結局海工房を2回訪れて迷いに迷って宮古島の記念に購入してしまった~。

家に帰って、以前、サンクトペテルブルグに行った時に購入したインペリアルイースターエッグに入れて飾ってみたのだけれど、いい感じ♪
向きによってオパールの色が変わって、地球に見えたり火星に見えたり木星に見えたり、ホント、ミニ宇宙みたいで購入して良かったワ。2つとも思い出の品。


105_2

502

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 2日 (水)

新年

明けましておめでとうございます。

本日は初もうで。いいお天気。
この場所、1年ぶりに来たけれど、な~んかいろいろ変わっている気がする。気のせいかな?

202

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月29日 (土)

年末宮古島旅行4日目

31ホテルについている朝食。ホテルのグレードを考えたら、まあまあの朝食。カレーもあった。

32今日は18時30分宮古島発の那覇経由最終便で帰宅予定。雨がパラつく中、ホテルをチェックアウトした後、先ずはホテルすぐ近くの、日本最南端に位置する宮古神社にお参り。パワースポットらしいけれど、本当に最南端なのかな?石垣島には神社は無いのかな?
神社からは伊良部大橋が見える。

34神社を後に平良の町を出た後は、お初の道をまたまた私の運転で、風車のある西平安名崎へと向かう。

36西平安名崎は池間島に渡る世渡り橋の対岸から眺めた事があるだけで初訪問。別に何があるというわけではない風の通り道。今日は昨日にも増して風が強く、波しぶきが降りかかってくる。

姉はそんな中、石灰岩の岩の上を岬の最先端まで歩いて行っていたけれど、危ないわよね。高波が来たら一瞬で海に持ってかれちゃう場所じゃない。私は慎重派なのでそういうところにはわざわざ行かない。

1

西平安名崎を後に、世渡り橋を池間島に渡る。ここの海の色もとっても綺麗なんだけれど、晴れていないのが重ね重ね残念。

38


39運転練習のために池間島を一周し、池間島の橋のたもとに3~4件のお店があったのでそこに立ち寄り、ついでに海鮮丼のランチ。海のすぐ横のお店だけれど、これきっと冷凍だろうな( 一一)。

夏なら池間島にはフナクスや池間ロープといったシュノーケリング向きのいいビーチがあるんだけれど、行った事がないビーチがもう一つあったので、ランチ後、再度池間島を一周した際に寄ってみる。ハートロックのあるイキズビーチ。干潮では無かったので、どれがハートロックがよくわからなかったけれど、波が強い本日、イキズビーチは砂山ビーチのような印象だった。シュノーケリングに適しているか否かは抜きにして、宮古島にはこういった隠れビーチがたくさんあるな。

41
40

世渡り橋の手前で姉と運転を交代し、宮古島の北東~東南の海岸の道をドライブ。この道は後続車、対向車はほぼ皆無。私が運転できたな。

42

35世渡り橋を渡った後はしばらくマングローブの林が続く。

途中、最近ナマハゲなどと共にユネスコの無形文化遺産に登録された宮古島のパーントュの町という看板を見かけたので、ちょっと横道に入って平良島尻地区を車で流すけれど、単に普通の集落だった(^^;)。ちなみにパーントュというのは、仮面の厄払い行事の事。写真では泥の仮面のイメージ。

43_2

途中の展望台からの眺め。

44

45

夏に行かなかった吉野海岸にも立ち寄る。結構急な坂を降りて行かなきゃならないんだけどね。ちらっと見ただけで終了。

46

ほぼ宮古島を一周した後は、余った時間で来間島の竜宮展望台からの眺めを最後に宮古島を後にする。

47

48

49

今回はお天気には恵まれなかったけれど、宮古島の海はそれでもやっぱり綺麗だったな。満点の星空を眺めたかったんだけれど、今回それは叶わなかった。残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月28日 (金)

年末宮古島旅行3日目

今日の天気も昨日と同じで、曇り空時々雨、ごくたま~に青空がちらっと顔を出すどんよりした日。違うのは波浪注意報が出るぐらい風が強くて、昨日より気温が低い20度以下って事かな。

Img_2225

そして今日はホテルを平良に移して1泊する予定。
ブリッサをチェックアウト後、まずは私の運転でイムギャーに向かう。宮古島の中ではイムギャーからの景色が私は一番好きなのよね。いつ来ても綺麗で癒やされる。

21

20

24

22

23

25イムギャーを後に宮古島の南海岸を這うように東平安名崎へと向かう。ここは初めて通る道なのでちょっとドキドキしながら運転。でもやっぱりほぼ後続車も対向車もいない道を、時速30~50kmの安全運転。結構カーブある?からね。

途中、猫好きオーナーと思われるkitchenBO-RAで宮古そばランチ。お味は普通。

東平安名崎は二度目。元々ここ、灯台の立つ岬の先端で風が強い場所ではあるけれど、今日の強風は半端なく、岬に打ち寄せる大波の迫力がすごかった。しばし見入ってしまった。

26

27

東平安名崎の海の中にゴツゴツ転がっている岩は、かつて、琉球海溝の地震による大津波で運ばれてきたものだと言われている。宮古島の南海岸沿いの集落もその地震による津波で大被害を受けたという歴史がある。結局のところ宮古島の海沿いで景観のいいリゾートホテルって、人が住まなくなったそんな場所に建っている場合も多いわけで、考えたらちょっと怖いのよね。

という事で、琉球海溝近辺、台湾から奄美大島にかけても近年結構地震起きているし、旅行前に宮古島のハザードマップを確認し、津波が来そうな場合は即座に空港方向に逃げる!!という知識だけは取得してきた私なのであった。

東平安名崎からは運転を交代し、サトウキビ畑の中にある地下ダム資料館を訪れる。
宮古島の大地は主に琉球石灰岩。この資料館は、琉球石灰岩を利用していかに農業用水などの水を確保しているかという宮古島の地下ダムの構造を知ることができる場所だ。まっ、夏には行かない場所だわね(^^;)。

29

30_2そして本日のお宿、平良のホテル共和にチェックイン・・・はい・・・古すぎるホテル・・・悲しすぎるお部屋・・・という事で、すぐに外出。

平良は夏に宮古島に旅行した際に一度、時間が無い中さらっと見ただけだったのでわからなかったけれど、もっとお店がたくさんあるものと思っていたら意外と無かった。そして年末のせいか、入ろうと思っていた居酒屋も予約していなかったので入れなかった。

結局、ホテル近くの「沖縄料理なかよし」という居酒屋へ。でもここ、美味しくてなかなか良かったわ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月27日 (木)

年末宮古島旅行2日目

4今日も天気はいまいち。
時々青空がちらりと除くけれど、基本は曇り空で時々雨。でもまあ昨日の天気よりは全然良さそげなのでいっか。

5明日からは宮古島も寒気の影響でちょっと寒くなりそうなので、今日の午前中のうちにシギラビーチでシュノーケリングをすることに。
シギラビーチまでは途中ちょこっと寄り道をしながら、私が運転していく。ドキドキ。

3

7しかしシギラのシュノーケリングツアー、私ら二人だけかと思っていたら、こんな時期なのに14名もいてビビった(@_@)。シギラビーチは夏なら個人で全然シュノーケリングOKな場所なんだけれど、この時期はウエットスーツが必要だからね、仕方がなくツアー参加。

6しかし14名は多すぎ。密集しすぎて、何だかあまりゆっくり海中を見ていられなかったって感じ。でもまあとりあえず1回シュノーケリングできたからいっか。

冬なので透明度はいいけれど、今日は結構波があったのでユラユラ揺れて写真もあまりうまく取れていなかった。魚の群れもいたのでゆっくりシャッターチャンスを狙いたかったな。カメにも遭遇。

9

10

11

水温は25度ぐらいで全然寒さを感じることなくシュノーケリングは終了。その後はホテルに戻ってシャワーを浴びてお部屋でランチ。
しばらくまったりした後、ちょっと天気も回復してきたので、今日のうちに行っておこうと、私の今回の旅の目的の一つ、下地島の17エンドにGO。

下地島の空港が来年3月にオープンすると、滑走路に沿って位置する17エンドは閉鎖されるかもしれないからね、いまのうちにもう一度17エンドの素晴らしい海の景色を見ておきたかったのだ。

ホテルから平良の町中手前までは私が運転し、あとは運転交代。町中運転するのはまだ無理だし、伊良部大橋渡るのもちょっと厳しいかな(^^;って感じ。伊良部島に入ってから私もちょこっと運転。

以前夏に17エンドに来た時には満潮の時間帯だったので白浜は無かったけれど、今日は干潮で17エンドには白浜が現れていた。日の光があれば、17エンドの海の色のグラデーションのすごさはため息ものなんだけれど、曇り空なのがホント残念。それでもやっぱりここの景色は好きだな。

12

13

14

17エンドを堪能後は、佐和田の浜を通って、行った事がない伊良部島の牧山展望台に寄ってみる。牧山展望台からの眺めより、牧山展望台から伊良部大橋に行く途中の抜け道から眺めた伊良部大橋の方が断然良かった感じ。

15

16

前も思ったけれど、伊良部大橋渡るのが無料って、宮古島も太っ腹だよね。有料にして税収増やせばいいのにって思うんだけどね。

18しかし伊良部島に下地島、飛行場のオープンを見越してホテルやロッジが何件か建設中で、この自然を壊さないで欲しいなって思った。

ブリッサに帰りがてら、島の駅みやこに立ち寄り夕飯を調達。閉店間際でお弁当を半額の300円で購入。ついでにお芋も半額の80円で購入。ラッキー♪
このお弁当、地元民作成のお弁当なので美味しかった。満足。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月26日 (水)

年末宮古島旅行1日目

年末寒波が忍び寄る中、11時40分発のANA宮古島直行便で昨年に引き続き宮古島へGO。でも~、今回の宮古島の天気は期待できないな。

前線通過中のため、雨で滑走路が見えない場合は着陸できない場合もあるが、燃料はたくさんつんでいるので心配ないとの着陸前の機内アナウンス。今日の宮古島は雨だというのはわかっていたけれど、そんなに土砂降りなのかい?でもって宮古島って有視界飛行なのかい?ってちょっと驚き。

しかし予定通り、15時過ぎに飛行機は宮古島空港に着陸。
レンタカーを借りて、まずはドンキで飲料水やお酒などを購入しホテルに向かう。

1今日から2日間泊まるのは、昨年泊まって部屋からの景観がすっかり気に入ったシギラのウェルネスヴィラブリッサ。今回は9階に泊まったのでさらに眺めよし。う~ん、晴れていたなら最高なんだけれど、雨でも宮古島の海の色は綺麗すぎる。

ブリッサで一息ついた後は、○○年ぶりの私の運転で来間島へと向かう。というのも、今回は姉と来ていて、私の旅行の目的の一つは車の運転練習。なんといってもブリッサから来間島間は恰好の運転練習道なのだ。ほとんど車が通らない事は、昨年末のサイクリング時に自分の目で確認済み。とはいえ、何せ○○年ぶりの運転。姉を教官に、まずは広いサイクリング道と車道でクルクル回って右折と左折の練習。最初に右折した時に間違えて対向車線に入った私。姉がマジビビってた。むか~しもこれやって助手席の人をビビらせた事を思い出した(^^;)。

2運転にちょっと慣れた後は、時速20~40kmで来間大橋へと向かう。無事、来間大橋を渡り、人も車もほぼ通らない来間島の中を無駄に数周運転練習して、再び来た道をホテルまで戻り、本日の運転目標達成。
○○年ぶりでも何とかなるもんね。
17って、ほぼ後続車も対向車も皆無で、教習所より車の数少なかったけどね。でも今日は天気も悪かったので、周りの景色が気にならず、運転練習にはちょうど良かったワ。

本日の夕食は、ドンキで調達してきた海鮮丼。タレがゴマ油で悲しかったな(T_T)
グレープフルーツ泡盛は美味しかった♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月23日 (金)

ミュージカルマリーアントワネット

Img_4872多分、当分再演はないだろうな・・・と思い、またまた見に行っちゃった「ミュージカルマリーアントワネット」。
本日のキャストは、花總まり、古川雄大、ソニン、原田雄一。前回とはマリーアントワネットとマルグリットが違う役者。フェルセンもね、田代万里生さんで見てみたかったのだけれど、なかなか思うようなキャストの組み合わせに観劇日を合わせるのが難しくて断念。

しか~し、前回も思ったのだけれどこのミュージカル、歌の上手い人で見たいよ~。今回は全体的に不作っていうか、ミュージカルらしい歌い方ができる人ってごく少数の人しかいないんだもん(T_T)。なんだか見ていて消化不良。

ところで今回一番目に焼き付いたのが花總さんが最初の場面でつけていた首飾り。めちゃめちゃ光ってないか?首飾り事件の首飾りがかすんでしまいそうだったワ(^^;)。

マリーワントワネットを扱った最近の映画やミュージカルって、大抵華やかなヴェルサイユ時代しか描いていない場合が多いんだけれど(ベルばらはコンシェルジェリー牢獄の場面があったけれどね)、このミュージカルの凄いところは、マリーアントワネットの負の部分であるタンプル塔に幽閉されていた頃まで描いているところだと思う。そしてかなりの脇役においやられそうなルイ16世の出番も多いことだと思う。両方ともスルーされちゃう場合が多いからね、貴重。

Img_4873ちょっと早めの夕食は、栗原はるみプロドュースのお店、日比谷シャンテ2階のカフェ&レストランゆとりの空間へ。ここ、前から気になっていたんだけれど、一度も入った事が無かったのよね。美味しかった。

東京ミッドタウン日比谷のクリスマスツリー

Img_4883

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«チームラボプラネットTOKYO